近況のご報告です
オランダの旅 (フロリアード2012)
2012年4月21日

フロリアード2012が、4月5日から10月7日までオランダのフェンローで開催されています。10年に1回の国際園芸博覧会ですので、今年は約40カ国が参加して、各国の花、草木、野菜など園芸植物の他に、各国の文化を紹介するイベントが都度つど催されます。博覧会のテーマが、自然と調和して、生活の質を高めましょう!Be part of the theater in nature, get closer to the quality of life という題目に誘われて、私達もイースタ休暇を利用してフェンローのフロリアードに出かけました
フェンローは、 アムステルダムより南東に約185km ドイツとの国境にある田舎町で、フロリアードの会場は高速道路沿いにありますので、車や観光バスで行きます。私達もナビでマーストリヒトから現地に朝、開園と同時に着きました。先ずはフロリアードの係の誘導によって、車の駐車場(10ユーロ)に停めました。その日は天候が悪かったので、訪れる車が少なかったようです。

b0126231_2275138.jpg


駐車場から、決められたシャトルバスに乗って、会場近くで、バスから降りるような手はずになっていました。

b0126231_2291896.jpg


シャトルバスを降りた地点から、ファーマの必需品である大きな長靴の飾った道を、徒歩で通リ抜けて
(私の住んでいたニュージランドでは長靴のことを ガンブーツと呼んで、農作業を行う人は勿論、田舎暮らしをするためには、不可欠な長くて丈夫な靴です。だから飾ってある長靴には、何処の国の人も、きっと愛着を感じるのでしょうね)


b0126231_230314.jpg


会場の前には、今年の参加国の旗がたなびいていました。

b0126231_231371.jpg


チケット売り場に着き、そこで会場費一人25ユーロ,ゴンドラ乗車券6ユーロ(一人一回だけの乗車にかぎる),英語版パンフレット7ユーロ、それに駐車料金10ユーロ 合計で48ユーロを支払って、Innovatorenと呼ばれるモダンな入口の建物に入りました。

b0126231_2345776.jpg


後ろに高くそびえる長方形の建物が Innovatorenと呼ばれ、入口と出口になっています。会場が66ヘクタールもある広い森の会場ですので、この高い建物だけが、道に迷っても戻れるシンボルのようなものでした。そこから、フロリアードと呼ばれる道を徒歩で歩くか、写真右側のゴンドラに乗って、先ずは広い森の会場を上から眺めても良いでしょう。

b0126231_2371447.jpg


会場は、自然と調和して、生活の質を高めましょう!というテーマにそって、5つのエリアに分かれており、森で区切られています。私達は、ゴンドラの終点、Relax & Heal エリアに、先ず行きました。
ゴンドラの上から見たRelax & Heal エリアの眺め


b0126231_2381011.jpg


Green engine エリアの眺め 

b0126231_2393741.jpg



Environment エリア 左上に見える青いカラスバリの建物は、 レストランアクアパビリオンです。そのなかにオランダの郷土料理がありました。

b0126231_2445637.jpg


World show stageエリア、 右上に白く見える屋根が、パーフォマンスをするステージです。

b0126231_2453795.jpg


もう一つは Education & Innovation エリアですが、写真を撮るチャンスを逃してしまいました。 ここでは子供達の自然教育が行われます。

Relax & Heal エリアの中に日本庭園が作られていますが、まだ未完成でしたから、きっと、日本は東北地震のために予算を減らしたのではないかと私は思いました。 ここには、日本の料理を出す 禅レストランがありました。

b0126231_2572878.jpg


そこから森を散歩しながらEnvironment エリアに行きました。
このEnvironment エリアには各国のパビリオンが立っていました。
Environment エリアに川口市が独自に出展した日本庭園が完成されていましたので、私はホット胸をなでおろしました。

b0126231_2584741.jpg



中国のパビリオンは大きくてお金をかけているのが一目で分かるほど精巧な家屋と庭園が作られていました。

b0126231_2591081.jpg


インドのパビリオンの中は、沢山のインド特製の民芸品が売られていました。

b0126231_2593656.jpg


インドネシアは昔オランダの植民地だったせいか、湖の傍に立っていて立派です。、世界遺産のBorobudur Temple の模型もパビリオンの中に作ってあり、この博覧会でインドネシアを強くアピールしていました。

b0126231_324976.jpg

b0126231_335750.jpg



ルクセンブルグの庭には植物で作った自転車の造形が飾られていました。

b0126231_394283.jpg


夕方にWorld show stage に行って、若者たちの躍動感あふれるアフリカの音楽とダンスによる農作物の収穫劇を見ました。


b0126231_344240.jpg


4月なのに朝はマイナス5度位の温度で、昼も日射しが出ても10度なので 観客も寒そうでした。
防寒はしていったのですが、寒さのせいで私も、とうとう風邪をひいてしまいました。

b0126231_36466.jpg


ルクセンブルグに戻ってから Green engine エリアの中のビラフローラの建物で、日本の展示が為されていることを、後になって知りました。わざわざオランダまで行ってきたのに大事な物を見失ったような気持ちがしました。

日本の博覧会は、入口付近に全体のマップがあり、入場券を払った時に、会場案内のパンフレットを配るかして その日のイベントがモット分かり易くなっていますが、フロリアードに関しては、それがありません。案内の人も少なく不親切な対応ですので、事前に調査してから、この博覧会を見に行かないと満足な気分にはなれないと私は思いました。

又、韓国のパビリオンも建設中で準備が間に合わない所も多かったようです。 花壇の花も、寒さで見頃ではありませんでした。ニュージランドのクライストチャーチのハグレー植物園の1万種の世界から集めた自然な花、草木などの植物を見慣れた私にとっては、ちょっと物足りなさを感じました。

夏になると、この博覧会も軌道に乗ってモット華やぐのではないでしょうか?
だからヨーロッパを旅するのはもっと暖かくなった頃がお勧めです。

でも、出口付近で、音楽隊が演奏をしていました。ステージの下を見てくださいね。自転車が見えますね。この楽壇の人達も自転車に乗って会場に通勤しているのでしょうね。やはり、オランダは低地で、山も少なく道がフラットなので、自転車の移動がしやすいことと、オランダの人の省エネルギーに根差した合理的な生き方が、自転車王国を作り上げていると思いました。

b0126231_3121494.jpg


1日があっと言う間に過ぎて、ホテルに帰る道中には、昔の伝統的な 水車 water wheelを高速道路沿いで観ましたが、比較的に小さい形で今は作動していませんでした。最近では風のエネルギーを利用した 風車 Windmill の方が、一般的でした。
それよりは、農業で有名なオランダですが、工場地帯も多く見受けられ、工場の煙突から沢山煙が上がっていたのには、ビックリでした。今ヨーロッパは経済危機に陥っているギリシャ、イタリア、ポルトガルに比べ、オランダはこのように大変活気ある国でした。これを支えるのは、勤勉で率直なオランダ国民の気質ですね。


b0126231_3144554.jpg


オランダの益々の発展を祈ります。      松村温江 
[PR]
# by m-mitsue | 2012-04-21 03:15
オランダの旅 (マーストリヒト)
2012年4月15日


今年の復活祭は4月8日でした。3月21日の春分の後の最初の満月の日の次の日曜日と決められていますので毎年違います。復活祭(イースタ)とは、キリストが死後3日目に蘇ったことを記念する行事ですが、ヨーロッパでは長かった寒い冬の後、春の自然の再生を祝う祭にもなっています。復活の象徴である卵と多産の象徴である兎の人形を飾って祝います。娘家族の今年の卵の飾りです。勿論 庭のあちこちに隠して孫マリカの友達と探しまわって楽しんでいました。

b0126231_56377.jpg


ルクセンブルグでは、アニョ・パスカル(イースタの羊)を呼ばれるケーキがこの期間限定で売られています。イエス•キリストは私たちの羊飼いであり、神、聖書のイエスの子羊を形どおったケーキです。

b0126231_572068.jpg


このイースタ休日を利用して、娘家族とオランダに行ってきました。
オランダは正式にはネザーランド、ホーランドNetherlands、Hollandと言いますが、日本語のオランダは、ホラントのポルトガル語訳です。 ポルトガル人カトリックの宣教師フランシスコ・ザビエルが戦国時代1549年に日本にやってきてキリスト教を紹介したことによります。
ベルギー、ネザーランド〈オランダ〉、ルクセンブルクと合わせてベネルクス三国とも呼ばれます。中世時代のオランダは、ポルトガル、イギリス、スペイン同様に香辛料を求めてアジアまで進出して東インド会社をイギリスが1600年、オランダが1602年にインドネシアに設立しました。さらに日本へも来て、ポルトガル人を追い出して、オランダだけが鎖国時代に長崎の出島で貿易を許されたので、それ以降はオランダを通して、日本はヨーロッパの文化や学問の知識を得ました。

b0126231_582191.jpg


オランダで最も古い町であるマーストリヒトに行ってきました。
EU(ヨーロッパ連合)に関する欧州連合条約をこの町で1992年締結され、マーストリヒト条約と呼ばれてたために有名です。

マーストリヒトは、マース川流域と言うラテン語で、ローマ人が住む以前にケルト人が住んでいてケルト人が作った町です。ローマ帝国時代にマース川に橋をかけ、帝国各地からドイツのケルンにつながる道を作りました。

b0126231_5101128.jpg橋のたもとには
自転車が沢山置かれているのを見て、先ず私はビックリしました。


13世紀には最初の城壁が完成し、14世紀には二重の城壁を持つ強固な要塞都市となり更に栄えました。昔の繁栄を表すように、この町には50以上の教会があります。市の広場には、左がプロテスタント教会で、右がカソリック教会です。 

b0126231_5123649.jpg


広場に沿ってレストランが並んでいます。オランダは自転車の国です。市内の各所に自転車置場があって、市民は自転車に乗って町まできます。

b0126231_5134265.jpg


マーケットにも、たとえ年配の御婦人であろうが、自転車が交通機関です。道路も車道、自転車道、歩道と分かれていますので安全です。

b0126231_5142495.jpg



ローマ帝国時代に建てられた古い教会です。

b0126231_5145837.jpg


入口のすぐ近くにマリア様が安置されていましたので、仏教徒の私は心の中で祈りました。

b0126231_5161463.jpg


内部はロマネスク〈ローマ風と言う意味〉建築で、支える柱が太く、半円の丸いアーチが特徴です。さらにアーチを平行に押し出したかまぼこ型を特徴とする天井(筒型ヴォールト)も特徴です。

b0126231_518771.jpg


後期ロマネスク建築から天井が交差ヴォールト(Cross vault)になったのも見受けられますので、この教会も後でこの部分が増築されたのだと思いました。*ゴシック建築になると更に天井が交差した星形ヴォールト(Stellar vault)、菱形の編み目を構成する網状ヴォールト(Net vault)になって、軽量化されたので柱数が少なくなって広い空間と高い建物が可能になったそうです。
娘夫婦の説明を受けた御蔭で、少し建築物を理解することができました。

b0126231_5201522.jpg

b0126231_055643.jpg



旧市内を歩くと、昔はここが一番の大通りだったのでしょう。古い石で敷き詰められていました。
昨年ベルギーのブルジューを歩いた時と同じような道の素材でした。
きっと、昔は真中が馬車道で、両側を人が行き来していたのでしょうね。

b0126231_5205216.jpg


オランダの建物はこのようにレンガで出来ている物がほとんどでした。
ヨーロッパは火山帯が走っていないのでレンガ建築も、高いゴシック建築の教会も可能なのでしょうね。


b0126231_5225531.jpg



オランダは、ルクセンブルグよりも未だ寒く感じられました。冬の防寒着が必要でした。
翌日 10年に1回開催される 園芸EXPO- フロリアードに足を伸ばしましたら、
日本からのツアーの人達にお会いしました。 どうぞ風邪を召しませぬようにと、案じました。
ヨーロッパ旅行は、やはり夏がお勧めですよ! 
最期に、オランダの自転車道のマークを見て下さいね。旅といえども、軽装で自転車を借りて
町を見学するのも楽しみですよ! それには良いシーズンを選んで下さいね!

b0126231_5324976.jpg


左側が車道、真中が自転車道、右側が歩道
[PR]
# by m-mitsue | 2012-04-16 05:37
ルクセンブルグの春
2012年4月2日


はや4月に入りました。春ですね! 皆さま御元気でしょうか? 私は、3月13日に秋が訪れたニュージランドを離れて、シンガポールを経由して丸2日間かかりヨーロッパに着いた時は、寒い日でした。ルクセンブルグに住んでいる孫のマリカとは6カ月ぶりの再会でした。寒さを防ぐために、ぬいぐるみ人形のように沢山着こんでいたせいか急に大きく成長したように思えました。

b0126231_6111736.jpg


庭に出ると、柳の木は剪定されて、木蓮、胡桃、ヘーゼルナッツの木などは、皆な落葉していて裸で寒々としていました。庭から見える小川を隔てた隣村の遠くの山も、雪は無かったけれども未だ冬景色の寒いヨーロッパに帰ってきたと感じました。

b0126231_6121066.jpg


でも2週間過ぎた昨日の日曜日は、日差しが照って気温も温かくなってきたので、車で娘一家とルクセンブルグとドイツとの国境を流れるモーゼル川湖畔に桜を見に行きました。
川の手前がルクセンブルグで向こう側がドイツです。モーゼル川にも観光客のための遊覧船が運航しています。



b0126231_6133855.jpg


桜にはまだ早かったのですが、ルクセンブルグ人は散歩が好きな国民なので、湖畔には散歩をする人が多く見られました。

b0126231_6144178.jpg



この橋を渡って、私達はドイツに入ります。今は欧州連合EU加盟国間は自由に行き来できますので、ドイツでランチを食べることにしました。
b0126231_6152214.jpg


橋を渡って、小さな村のホテル兼レストランを見つけました。“モーゼルの眺め ”と言うレストランの名前が気に入りました。

b0126231_6164178.jpg


さっそく中に入ると、イースタエッグが沢山つりさげられている枯木や、イースタバニーの兎の飾りも粋な感じがしました。名前の通り本当に良い眺めでした。

b0126231_6173082.jpg
b0126231_618358.jpg



メニューを見て、娘婿の説明により、ブタ肉のトマトチーズ風味(上)と、鶏肉ハムのコールドンブリュー(下)を注文しました。学校がイースタ休暇に入りましたので、御客様は地元の家族連れが多かったです。

b0126231_623139.jpg


サラダは好きなだけ取れるオードブル形式ですので、そのうちの一品、サワーキャベツが、疲れた体を潤しました。

b0126231_6235469.jpg


ブタ肉のトマトチーズ風味には、サイドディシュに平たいコロッケのようなポテトフライが付いてきました。

b0126231_6243679.jpg


私はドイツビールを飲みながら食事をしたので、大変美味しかったです。

b0126231_6251347.jpg


食事をしてから、早速その小さな村を散歩することにしました。

b0126231_6254777.jpg


小高い丘を登ってゆくと桜も咲いていました。ここは良く太陽が照らして低地よりは温かいので開花したようですね。

b0126231_626269.jpg


更に登って行くと葡萄畑が続きます。

b0126231_6284219.jpg


モーゼル川流域は古代ローマ時代からワインの生産が盛んな所で、モーゼルワインは有名です。だからこのあたり一帯は葡萄畑で覆い尽くされていて、成長する夏が待ち遠しいです。

b0126231_6294967.jpg


途中で、本を読んでいる人に出くわしました。葡萄畑とモーゼル川を眺めての何と贅沢な空間でしょうね。

b0126231_630244.jpg


ちょっと横道にそれるとグリンランドに出くわしましたので私達も、ゆったり一休みです。

b0126231_6314456.jpg


帰り道、ポニーに会いましたので、マリカが柵越しに餌をやっていると

b0126231_6323010.jpg


この家の御姉さんがやってきて、これからポニーの散歩だと言って、

b0126231_633440.jpg


見ず知らずのマリカをちょっとポニーの背中に載せて下さいました。
初めて訪れた辺鄙なドイツの田舎町で思いがけず出くわしたハッピーな探検でした!
春はのどかで良いですね!


b0126231_6345016.jpg


この可愛いポニーを見るにつけ、原発事故で汚染された福島の田舎町も以前は、人情味溢れたこのような長閑な所だったに違いないと、私はふっと思いました。 
地震国である日本とニュージランドに平和が訪れますように!と念じております。
                                            松村温江 

[PR]
# by m-mitsue | 2012-04-03 06:39


以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧