近況のご報告です
<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ベルギーの旅 ブルージュ
2012年7月28日

私達シニア3人組は、ブラッセルを後にフランドル地方(オランダ南部、ベルギー西部、フランス北部一帯)の水の都と呼ばれるブルージュに出発しました。乗車駅はBruxelles Central ブラッセル中央駅からでした。ヨーロッパの駅は改札が無く、直接プラットホームに通じますので、先ずは自分達の乗る列車のホームを確認しなければなりませんが、ブラッセル中央駅を同じ時刻に出発する汽車が3本もあり、ブルージュは途中下車なのでOostende 行きか、 Blankenberge 行きに乗るのか、分かりませんでした。私は駅員さんを探して尋ねたところ、2番ホームと教えて頂きましたが、結局の所4番ホームでした。なぜなら、2番ホームに着く汽車が20分遅れているためでした。ヨーロッパの汽車は、時々時間通りにこないで1時間位以上も遅れることもあるそうです。汽車に乗りこんでも、次の停車駅の知らせもないので、自分達で停車駅を確認しなければなりません。だからヨーロッパの汽車の旅には、どんなハプニングが起きても対応できるように、路線図での確認が必要だと思いました。

b0126231_1742316.jpg


ブルージュに着くと、ホテルにチェックインをした後に、早々に町の中心マルクト広場に出かけました。観光客の人でいっぱいでした。広場の西側〈写真上方)は、古い切妻屋根のレストラン、カフェが並んでいました。

b0126231_17442748.jpg


広場の東側にはネオゴシック風の市庁舎です。町を一周するツアバスが、この前から出ていますので、早速それに乗って市内観光をバスから眺めました。

b0126231_1745936.jpg


途中で、今も残っている風車を見ました。18世紀頃には、沢山の風車が使われていたそうですが、今は観光用で使われていません。昔の魚市場や裁判所跡、などを見て、再びマルクト広場に帰ってきました。

b0126231_1746157.jpg


南側にそびえるのは、町のシンボル鐘楼Belfort 〈世界遺産) です。これは教会ではありません。ブルージュBrugge(橋と言う意味)の町は、運河が縦横に流れていて50以上の橋がかかっていて、北海と水路で結ばれていました。12~13世紀は、西ヨーロッパ第一の貿易港で栄えた商人の町でした。この鐘楼は13~15世紀に市民たちの手で作った建物です。それを知って栄えた日本の堺市を彷彿させました。

b0126231_17471682.jpg


2階には、中世の宝箱が飾ってあり、厳重な二重扉になっていました。

b0126231_17481213.jpg


石のらせん状の階段366段を登って、高さ88mの鐘の塔に、私達も上がりました。
大小47個の鐘が組まれたカリヨン〈組み鐘〉です。
15分ごとに鳴るので、塔の上でも、町を歩いている時でも綺麗な音色を聞くことが出来ました。

鐘楼Belfortの頂上から眺めたマルクト広場と、

b0126231_1749279.jpg


鐘楼Belfortの頂上から眺めた壮大なブルージュの町並、左側に高くそびえるのは聖母教会で、右側にそびえるのは救世主大聖堂です。

b0126231_17495379.jpg


次に私達はクルーズに乗って、運河から町を眺めました。正面にそびえるのは救世主大聖堂です。

b0126231_17503536.jpg


バスとクルーズに乗って、町の様子を把握した私達は、翌日は徒歩で歩きまわりました。
最初は、12世紀に建てられた聖ヨハネ施療院(ホスピタル)で、今はメムリング美術館に利用されていました。そこで中世の医師が使った手術道具を見ましたが、あまりのグロテスクな造りに圧倒されて写真を撮るのを控えました。

b0126231_1751304.jpg


聖母教会の前には、マリア像が建っていました。

教会内の祭壇には、ミケランジェロの聖母子像が参拝する人を迎えてくれました。

b0126231_17523150.jpg


聖母教会の周りを歩いていたらハーブの花壇に出くわしたので、中世はこの教会でもハーブを育てて、信者さまの病気を手当てしていたのでしょうね。

b0126231_17532278.jpg


手前の黄色の花は、カレンデュラーです。胃の不調にはハーブティーにして飲み、皮膚の炎症にはカレンデュラー油を作って皮膚に塗ります。


b0126231_1754161.jpg


ブルージュには、現在は5万の人口に対して25以上の教会があります。15世紀頃は、ブルージュへの水路が泥で浅くなったために商船の出入りが出来なくなって、町は寂れてゆきました。きっと、その静寂さを求めて、修道僧や修道尼が多く住むようになったのでしょうか?
一番古い教会が救世主大聖堂です。中に入ると、聖歌の練習をしているグループに合いました。写真上には、18世紀の立派なゴブラ織りのタペストリーが飾ってありました。

b0126231_1756647.jpg


ベギン会修道院〈世界遺産)にも散策しました。菩提樹の木々の間から見える白い建物群には、今の修道尼さん達が住んでおられます。

b0126231_17573293.jpg



旅の思い出に、マルクト広場から私達は馬車にも乗りました。

b0126231_17585854.jpg


騎手は、ベルギーの可愛い女子でした。前の晩に私達はマジパンを試食して、あまりの甘さにびっくりして日本人の口には合いませんでしたので、彼女にマジパンの事を尋ねたところ、大好物だと言う返事が返ってきました。

b0126231_17594123.jpg


ブルージュの、町には、マジパンを売る店が沢山ありました。マジパンとは、アーモンドをすりつぶし砂糖を混ぜて半固形状にしたものです。 黄色はオレンジの味、赤色はフランボワーズ、白と茶色の混ざった物はラムレーズンの味です。このように特徴的な味と色をつけて、ケーキの飾りにもします。

b0126231_1805366.jpg

b0126231_1812581.jpg


ヨーロッパの人に、日本のあんこを好まない人が多いので、やはり子供の頃 慣れ親しんだ味が味覚を決定するのでしょう。やはり文化の差を理解することが大事だと感じた旅でもありました。


日本の皆様には、暑さきびしき折柄、熱中症に気をつけて下さい。
ニュージランドの皆様には、厳寒のきせつです。御風邪を召しませぬように御自愛ください。
                             
  
                                              松村温江
[PR]
by m-mitsue | 2012-07-28 18:01
ベルギーの旅 ブラッセル
2012年7月20日

はや7月下旬ですね。 日本からシニアの友人2人が初めてルクセンブルグに遊びに来て下さいましたので、3人でベルギーを旅してきました。
ベルギーは、オランダ(ネーデルラント)、ルクセンブルクと合わせてベネルクス3国と呼ばれます。19世紀にベルギーもルクセンブルグもオランダから独立した国で、ベルギーの首都は、ブラッセルです。 欧州連合EUの主要機関が、ブラッセルとルクセンブルグの2カ国に置かれていますから、交通の便が良いです。ブラッセルとルクセンブルグ間は、自動車で高速道路に乗って2時間、汽車なら特急で3時間で行けます。

旅をするにあたって、フランス語、ルクセンブルグ語が分からない私に代わって、娘が、汽車の時刻から、宿泊ホテルまですべてアレンジしてくれましたので助かりました。旅の前日に駅に行き、まずルクセンブルグからブラッセル、ブラッセルからブルジューまでの往復切符(2等車)を買いました。3人の旅はグループチケット割引が効き、3人で79ユーロ(8000円)と言う信じ難い安さに、まずは3人がびっくりでした。そして その切符は7月12日~ 9月11日の間なら、何時乗っても良く、2等座席のどのシートでも座れます。 (但しルートは1回限りの使用です)

b0126231_618526.jpg


ルクセンブルグ駅構内

b0126231_6194488.jpg


私達は、ルクセンブルグ駅から、ブラッセルに向けて古そうな特急ICの汽車で出発しました。

b0126231_6202025.jpg


隣のホームは、それよりは新型の汽車ですから、きっとフランスやドイツに行くのでしょう。タリス、TGV、ICE、などは日本の新幹線に類するものですから、乗車料金はモット高いそうです. でも パリへはTGVに乗って2時間で行くことができます。

b0126231_624279.jpg


ブラッセルと言う名前の駅が5つもありますから、ブラッセルは広大な都市です。 Bruxelles Luxembourg, Bruxelles Schuman, Bruxelles Nord, Bruxelles Central, Bruxelles Midi ですから、私達は観光の中心地Bruxelles Centralブラッセル中央駅 で下車しました。
最初にホテルにチェックインしてから、壮大なグランプラス広場に行きました。写真左手は90メートル尖塔のある市庁舎Hotel de Villeです。元はブラバン公爵の館で、ここの一角に今はインフォアメーションセンターがあります。 そこで翌日の市内ツアーの申し込みを先ず済ませました。
写真中央はフランドル商人たちが住んだギルトハウスです。

b0126231_6254485.jpg


写真右手は王の家Maison du Roiと呼ばれ、今は市立博物館 Musee de la Villeです。ここには、ブリューゲルの「婚礼の行列」の絵と小便小僧の服の陳列が有名です。日本からの寄贈品である鎧かぶともありました。

b0126231_627217.jpg



ベルギーは、レースの名産地ですのでレース博物館も行きました。看板は中世時代のように、建物の上部に飾ってある鉄製の物でしたから博物館を見失いそうでした。

b0126231_6281429.jpg


中世の人の男女の正装です。女性服は小柄な私が丁度良いサイズですので、中世のヨーロッパの人は今よりは随分小柄だったようです。刺繍は、本当に手が込んでいて美しかったです。

b0126231_6291440.jpg


翌日は、英語の説明に寄るツアーに参加しました。ガイドさんは、大柄なオランダ出身の男性で、きさくでユーモアがあったのでみんなを良く笑わせました。昔オランダは国力をつけるために、国策で国民に栄養が充分とれるように指導したそうですから、一般にオランダ人は大きいですね。鎖国下の江戸時代に、幕府が長崎出島でオランダとの国交を許し、蘭学を通じ西洋文明を日本人は知りましたのでオランダとの交わりは深いです。

b0126231_630333.jpg


ベルギーの言語も、北の方はオランダ語(フラマン語)で、南の方はフランス語ですので駅の名前や標識も、フラマン語とフランス語の二つで明記してありますので、最初は、知らないと戸惑いました。

b0126231_6314915.jpg


高台に登って、芸術の岡Mont des Arts から眺めたグランプラス方面

b0126231_633717.jpg


ブリューゲルやルーベンスの名画が揃った王立美術館の前を通って

b0126231_6344899.jpg


ノートルダムザブロン教会に参拝しました。 ノートルダムとは、フランス語Notre-Dameで、私達の貴婦人という意味です。英語ではOur Ladyのことで、聖母マリアを指しています。 
写真はサブロン教会のマリア像です。

b0126231_635304.jpg


パイプオルガンの音色が聞かれなくて残念でした。

b0126231_6471649.jpg


写真左手の上に建っている小便小僧は、チョコレート店が並ぶ建物の一角に有りました。その日は、音楽団がその前で演奏をしていました。小さな小便小僧もその日は、裸ではなくこのような服を着ていました。

b0126231_6473825.jpg

b0126231_6482913.jpg



ベルギーはチョコレートの店が軒並みです。売り子さんも可愛いですね。(レオニダス店にて) 

b0126231_6494319.jpg


日本はゴディバー店が有名ですが、ベルギーの元祖はノイハウス店の様です。昔ノイハウスは薬局でしたが、チョコレートを患者さんに食べさせると元気が復活したので、息子の代からチョコレート屋に代わったと、ガイドさんから説明を受けたのには、私もびっくりでした。 チョコレートは、カカオ豆から作られていますから、カフェイン、テオブロミン(中枢神経興奮剤)が入っています。カフェインは脳に刺激を与え興奮させる覚醒作用があります。 その他、アルギニン(アミノ酸の一種)、カカオポリフェノールも入っていて、活性酸素を除去して成人病の予防にもなります。 とにかくヨーロッパの人は、食後のデザートにもチョコレートを食べますね。
次会は、ブルージュの話をします。


日本は熱中症で大変ですね。ゴウヤのカーテン作りや、うち水を打ったりして温度を下げることをしているニュースを聞きます。 どうぞコマ目に水を飲むこと、日射しを避けることをして御身体ご自愛ください。
                                              松村温江 

                     
 
                                                  
[PR]
by m-mitsue | 2012-07-20 06:39
ルクセンブルグ大公国の祝日
2012年7月3日

はや7月、日本から戻るとはや初夏になっていました。5、6月に降った沢山の雨の御蔭でしょか、家の近くを散歩すると麦畑は実り始めています。

b0126231_0253869.jpg


道端のフランボワーズ(木イチゴ)も白い花を一杯咲かせています。

b0126231_0262079.jpg


リンゴ畑も緑の葉を一杯つけています。ルクセンブルグは、ヨーロッパの森と言われているように国中が緑で一杯です。

b0126231_0265938.jpg



6月24日(日曜日)は、ルクセンブルグ大公国のgrand duke大公の誕生日でした。前日の土曜日の夜からは、ルクセンブルグ市内は御祝いの花火が鳴って祭りが始まっていました。
翌日曜日は、国の彼方此方でいろんなイベントが催されていました。昨年は娘家族と、grand duke大公が率いる軍隊のパレードを市の中心アドルフ橋から中央駅の通りに見に行きました。
国民が大公のパレードを見る大勢の観客の行列でした。昨年の写真

b0126231_0294685.jpg



特別なひな壇には、大公妃と大公の家族、それに特別に招かれた各国の大使やルクセンブルグ首相はじめ政府関係の人達でした。

b0126231_0302985.jpg


その中を 大公と大公の御子息が行進されました。続いて、軍隊や戦車のパレードが続き、背の低い私や孫のマリカには見ることができませんでした。

b0126231_0313231.jpg


b0126231_032362.jpg



それで私達は、今年は違ったイベントを見に行きました。
城壁の下の町グルントGrundの公園で開催されている1日だけ設置された遊園地でした。

b0126231_0332338.jpg


会場には、様々な遊具が準備されていました。

竹や木でできた玩具に子供達は、夢中でした。

b0126231_0375410.jpg


日本と同じように竹馬もありました。

b0126231_034512.jpg


大きなシャボン玉作りもあって、子供の教育の場にもなっているようでした。

b0126231_0384150.jpg


大人も子供も乗れる無料のミニ汽車は、この日1日だけではなく、常時この公園で乗れる名物です。

b0126231_0391214.jpg


看板にも、大人も子供もFree 無料と書いてあります。

b0126231_0393635.jpg


この公園イベントの他に、無料の音楽会も市のセンターで毎年用意されていますので、ルクセンブルグの国民は、様々なイベントに参加して大公の誕生日祝日を大人も子供も家族ぐるみで楽しんでいます。 その日、各町が開催するイベントもあります。その時は勿論 地域の住民が、周りもちで食物の店を出すようです。

先日NHKの国際放送で、ルクセンブルグは世界一税金の高い国と報道されていましたが、隣のフランス、ドイツ、ベルギーなどと変わらないそうです。何を 指標に計算されたか分かりませんが、間違った報道のようです。でも、ルクセンブルグの人は税金を払っても、政府はこのようなイベントの他に、教育福祉医療など国民全体のために還元しているのが分かるので、税金納入を納得をしています。例えば、 教育は、幼児から音楽や水泳も幼稚園でセットされていますので、親たちが子供をプールや音楽教室には通わせなくても良いそうです。但し、ある程度の基礎音楽学習後、ピアノやバイオリンなどの楽器を習うようになると、親が負担します。義務教育は高校までで、国が教育費を全額負担しますので、親たちは大学からの学費を負担します。 日本のように塾はありません。なぜなら、高校は、既に大学に行く普通高校と、仕事を覚える専門学校とに分かれているためです。国によって違いますね。

日本は、また政府が揺らいでいます。首相がこんなに変わる国は、世界であまりないそうです。首相が頻繁に変わるようでは、世界からの信用が無くなるとも聞いております。地震、津波、台風と天災の多い日本、原発問題など復興がままならない現状、赤字国債も多い中で、誰が首相になっても大変です。政治を揺すっている人達にお願いします。自己の立場や自己利益を考えないで、もし、今の現状で自分が首相だったら、また納税を納める一国民だったら、どうすれば良いかと言う広い角度で政治を考えて下さい。 
政治音痴の私ですが独り言が多い昨今です。 


日本は熱中症の季節です。御身体ご自愛ください。
                                
                 温江
[PR]
by m-mitsue | 2012-07-04 00:49


以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧