近況のご報告です
<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
クライストチャーチのタイ寺院
クライストチャーチの町から車で15分ほど北上した所 Marshland St.沿いに
タイ寺院があります。入口には看板とタイ、ニュージランドの旗がたっています。

b0126231_20271814.jpg


そこを入ると広大な敷地が広がります。実は私は2年前にも其処を訪問したことがあり、今回が2度めでした。2年前は入口近くは庭を建設中で、本堂と食堂、御坊様の宿泊場だけしかありませんでしたが、何と今回は驚きの連続でした。

b0126231_20283537.jpg


入口近くに 白い仏様が鎮座して人々を迎えて下さいました。

b0126231_2029248.jpg


今回は タイから来た日本女性 星見さんと御一緒に仏様の前で写真をとる。星見さんは大学生時代にタイから日本に勉強にこられた留学生(現在の御主人様)と知り合い、結婚されてタイに移り住んでまもなく30年になられる人ですので、是非この立派なタイ寺院に御連れしたかったのです。彼女は3人のお子様に恵まれ、一番下のお嬢様がカンタベリ大学に留学されている関係でニュージランドに度々お越しになられ、実は私の気功教室に参加下さった縁で仲良くなりました。

b0126231_2031680.jpg


仏様にご挨拶をしたあと、ツゲの木で型どった像さんにも迎えていただいて、

b0126231_20325253.jpg


花の道を通って、太鼓橋がかかっている池も過ぎて

b0126231_20335347.jpg


本堂に着きました。入口の前には若かり頃の仏陀が立っておられ、本堂の中に入ると本尊の仏3像が安置されておりましたが、写真は恐れ多くて控えさせていただきましたので皆様のご想像にお任せします。

b0126231_20352591.jpg

b0126231_2057946.jpg

 本堂の隣が食堂でした。そこには、こんな大寺院の敷地を寄付したタイ女性の方がご挨拶をして下さった上に、寺院を訪れる人達に食事を提供しておられました。 星見さんはタイ語で彼女といろいろ話がつきませんでした。彼女は、レストランを町に開いておられます。4回結婚をして、最後の旦那様は彼女の同じ敷地に新しい奥様と住んでいるそうです。他人は「大丈夫なの」と聞かれるが、彼女は「嫉妬などは起こらないで 今でも昔の旦那様とは皆な友達で兄弟のような感じがする」と、笑いながら言いました。何と広い心なのでしょう。彼女は「お祈りする時は願い事は一切しない。ただ正しい道をお教えください、とひたすら祈るだけです」とも私達に話してくれました。まさに真理を追究する彼女自身が仏様の様な方だと私は思いました。

b0126231_2036329.jpg

b0126231_20534356.jpg


私は食事の他にサトウキビも試食しました。優しい甘さにうっとりでした。
b0126231_2036538.jpgb0126231_20373795.jpg


星見さん達と サラと呼ぶ小屋に座って余韻を楽しみました。

b0126231_20384048.jpg



サラの所に 書いてある文字は “ 恐れは人生の敵 ”

b0126231_20392778.jpg


“ 平易で質素に住むことは高い行動 ”

b0126231_204001.jpg


バッチ博士の生き方 Simple is best “ 単純さが 最高です “と同じですね。
東洋であろうが西洋であろうが、人間の道 ・真理はひとつ、純粋に心掛けたいと思いました。
しかし愚かな私ですから仏様にお守りしていただく他ありません。

星見さんは、今はもう タイに帰国されましたが、タイは内乱中で戒厳令も出て物騒なことです。
一日も早くタイに平穏が訪づれますように! ひたすら天にお祈りしています。
[PR]
by m-mitsue | 2010-05-28 20:45
クライストチャーチの秋 イベント
b0126231_2163694.jpg


クライストチャーチの秋はまもなく終わり、雨ばかり降って寒い毎日が続きます。
でもニュージランドには アジアからの移民も多いので 様々なイベントがあります。
その中のひとつ 毎年シンガポール協会が催す東南アジア文化食事会です。

b0126231_219225.jpg


シンガポール航空も援助しているのでしょうか? 高校の講堂を貸し切って300人以上の市民を招待してアジアの国々の文化発表と食事を無料で提供して下さいます。

b0126231_21101479.jpg


お馴染の中国人のドラゴン音楽から始まって、

b0126231_2111999.jpg


韓国の太鼓グループに負けじと、日本の太鼓グループ “巧み”が頑張っていました。

b0126231_2112445.jpg


子供たちの素朴な民族の歌

b0126231_2114461.jpg


日本の合唱グループが 全員浴衣を着て いくつかの日本の歌をメロディーで紹介しました。

b0126231_21172978.jpg


タイの踊りは 衣装も綺麗な上に手の動きが巧妙でした。

b0126231_21181297.jpg


会場でタイの御坊様とも知り合いになって 翌週タイの御寺を見学させていただくことになりました。
b0126231_21184912.jpg


この国の良さは色々な国の人とまじ会ってマルチカルチャーを楽しむことが出来ることです。
[PR]
by m-mitsue | 2010-05-21 21:12
気功仲間とポットラックパーティ

気功の仲間 空の会

日本の大型連休も終わって、どこかへ遊びに出かけた方、家でのんびり過ごされた方も、遊んだ後は屁だるさが少し残っている頃でしょうか? 私のSt. Albans Community Center(公民館)の気功教室の仲間も、老若男女を問わず、現地のニュージランド人、日本人永住者の他に、毎年こちらの花一杯の暖かい季節だけロングステーでこられている方達も時々加わりますので季節によって年によって仲間が入れ替わります。 

b0126231_8113710.jpg


昨日は、常連の仲間に加わって 1日参加の東京から訪れたリエコさん、今週タイに帰られる星見さん、英語の研修も終えて5月末帰国される永松さん、多忙な病院の仕事の合間に来て下さった美穂子さん、クインズタウンで夏場のガイドが一段落した聖さんとお嬢様の深雪ちゃんが半年ぶりに現れびっくり、私も入れて全員で18名でした。 

b0126231_8141043.jpg




このような気功仲間ですので、時には親睦の目的で食事会をします。
4月には、ペンキをぬり替えたばかりの私の家で、斎藤さんご夫婦が夏場のロングステーを終えて帰られる前にポットラックパーティPot luck party をしました。


b0126231_8163971.jpg


ポットラックPot luckを辞書で調べたら、あり合わせの料理と書いてありますが、ここニュージランドの習慣では、皆様が自分の好みの飲み物と手料理一品づつ持ち寄ってのパーティを意味します。だから あり合わせの粗末さとは違って、皆様が作られた様々な料理と味を楽しむことが出来ます。
台所の狭いテーブルに、まず持ち寄りの料理とお皿、フォーク・スプーンが並びます。

b0126231_818322.jpg

各自がお皿とはしをとって、その中から好みの料理を載せて、奥の部屋に移動します

b0126231_8194897.jpg

その部屋はいつもは私の仕事場ですのでマッサージテーブルを片づけた空間ですので、日本式に座って頂くほどの狭い空間しかありませんので、かえってワキアイアイとした親睦ができます。

以前のハグレー植物園気功に参加していた古いメンバーも参加して

b0126231_821482.jpg
ホウヅキが食べられことをお知りですか?
食用ホオズキを仲間に紹介するアロマセラピストで
看護婦のミッシェル
b0126231_823919.jpg

新婚のクレメンシー・ウワンジャ夫妻

飲み物もワインを飲みたい人はご自分で用意されますので、ホストは場所と食器提供と暖かい飲み物だけ準備します。私はパーティの初めはミントティーを冷やし、食事の最後に日本茶を用意しました。日本茶の成分カテキンには抗酸化作用があってガン予防に良いということで特にニュージランドの方には紅茶。コーヒよりは喜ばれます。皆なで騒いだあと、食器類を皆なで洗って帰りますので、ホストが全部準備をする日本や欧州のパーティとは違い、気楽にパーティが開けます。やはり開拓移民の良い習慣ですね。

先週のクラス風景
b0126231_8315587.jpg


気功の目的は毎日の忙しい生活の中にこそ、ひと時の静かな時間を持って “忙中静有” の境地で、ゆっくりストレッチ運動をしながら疲れた体を順々にほぐしてゆき、呼吸法で息を吐きながらネガティブな気持ちも捨てて、心身ともにストレスを抜いて健康をに保つことにあります。
厭な問題が起きても、頑張りすぎると沈んでしまいますから、そんな時こそ “ゆっくり・ まーるく・たおやかに 生活する実践の場が気功です。辛い時ほど、自分を変えるチャンス ”気功即生活”があると私を気功の道に導いて下さった北京の王老子がおしゃっておられます。

共に歩みましょう。
日本にも私の気功仲間 “東京空の会” “名古屋ふれあい会”の皆様がおられますからね。
左から4番目のニュージランド人バレーリーは、先週土曜日に、鹿児島大学に赴任するご主人と日本に出発されました。初めての日本ですので緊張をされておられましたので九州で良き仲間に会えばと願っております。
b0126231_933586.jpg
[PR]
by m-mitsue | 2010-05-11 08:32
クライストチャーチに 秋の訪れ

秋の訪れ

日本とワイヘキ島に行っている間に、すっかりクライストチャーチに秋の訪れがやってきました。 

家から歩いて3分の所に 博物館があって、ウースタ通りの木々も色づき始めています。、
b0126231_22302154.jpg


その隣がハグレ‐の植物園です。植物園の木も赤と黄色に色づき、その中を流れるエーボンリバー沿いも秋の気配がして、つかの間の太陽のもとで舟遊びをしている光景もみられました。
b0126231_2232482.jpg

b0126231_2234417.jpg



家の横は、アートセンタで、今日の日曜日は、カフェーでのんびり楽しむ人や、マーケットで冬に備えて暖かい帽子を買う人達に出会あいました。
b0126231_22345723.jpg

b0126231_22355645.jpg



家のすぐ前はガラス張りのモダンな アートギャラリです。
b0126231_22371491.jpg


4,5分歩けば大聖堂です。 こんな中心街に私は住んでおります。

私が日本とワイヘキに行っている留守中の間に 9年も住んでいる私の借家のオーナさんが、幸いなことに建物の内外壁のペンキを塗り替えてくださっていたので、戻ってみたら足の踏み場のないくらいの散らかりようで調えるのに時間を要しましたが、自分でカーテンをピンクに家具も白く塗り替えて気分も一新致しましたので、私の住みかをご案内いたします。

b0126231_22385635.jpg  
                
アートセンターは昔のカンタベリ大学で、 左の平屋建は、昔の大学の文具店です。
左から2番目の白い木造の建物の2階が、私の住みかで、昔は大学関係者の住まいだったらしい。
右の緑色の建物は、1昨年クライストチャーチ市から古い伝統を継承している家として表彰をうけています。                  

b0126231_22401866.jpg

こんな町の中心地なのに、小さな門をくぐれば、前庭には大きなエルムの木とフラックス、桜の木もあって、時々鳥がやってきてさえずります。
b0126231_22413511.jpg


建物に足を入れれば、1階には4人、2階は3人の人が借りています。
それぞれが、自分のキチン、バスルーム、部屋を持っています。
b0126231_22424264.jpg


2階の奥が私の住みか兼クリニックになっております。
b0126231_22464677.jpg



まずドアを開ければ、廊下で自分で作った押し花の絵や、アロマローソクが飾ってあります。
b0126231_22482880.jpg

b0126231_22492940.jpg



左側の部屋はキチンです。ここに乾燥ハーブが一通り用意してあります。いつもバラやラベンダーなどは自分で乾燥させては、ローションやクリーム等を作っています。ウオルナッツも拾ってきたので殻を割って食べるのが楽しみです。食欲の秋ですからね!
b0126231_22502384.jpg

b0126231_22511282.jpg


b0126231_22515579.jpg



奥に入れば、マッサージテーブルや アロマの精油類があるクリニック
b0126231_22524719.jpg


ふすまを隔てて 自分の部屋
b0126231_22545039.jpg


バスルームの窓は、自分で水彩画で絵を描いたよ!b0126231_2259341.jpg

b0126231_22595791.jpg




長年ここに住んでいれば毎日色々なことが起こります。時には相談事もありますが、小さな私と、このささやかな空間を大事にして、ただ聴く、一服の御茶と花を活ける心の余裕を持てる自分でありたいと願って毎日を過ごしております。

b0126231_231492.jpg
b0126231_232338.jpg


左はニュージランド好みに華やかに、右は裏庭に生えている竹を使って日本調に活けてみました。
花瓶はガラス瓶ですので、フラックスで作った籠の中に入れたらお花が映えました。
ニュージランドで住んでおりますと、手作りの工夫が浮かびます。ありがたいことです!
[PR]
by m-mitsue | 2010-05-01 23:02


以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧