近況のご報告です
憧れのプロバンス
“プロバンス” と言う響きは、言葉だけでも魅惑を感じそうです。
アロマセラピーを仕事としている私は、日本に住んでいた時から ずっと“プロバンス”に憧れ、一度は行ってみたいと恋焦がれておりましたので、今年は娘夫婦のお陰で長年の夢が適いましたので、私の感じたプロバンスをお届けします。

b0126231_11275034.jpg

早朝に車で ルクセンブルグを出発してフランスに入り、フランス北東部からプロバンス地方のある南東部に向けて降下すること9時間。道中2時間ごとにハイウェイのドライブインで休憩しての旅でした。フランス北東部は、工場地帯も多く、原子力発電も見られ洒落たフランスとは程遠い感じがしました。でも南に降下するにつけて牛の放牧や、家畜の冬の食料となる藁が輪状に束ねたもの(ヘイ)が点々と置いてある牧草地がひろがり 長閑な田舎の風景に変わってゆきました。

“プロバンス”と言うのは、フランスの南にある山岳部から地中海に面するマルセイユ付近までの多くの都市や村を含めた地方の呼び方です。だからプロバンスをじっくり旅をしようとするなら3ヶ月は必要だと、現地の人から伺いました。
私達は、ローマ遺跡で有名なオランジュOrangeの近くにある村トラバーヨンにある親戚のサマーハウスを借りて そこで8日間を過ごしました。 毎朝、ご近所で頂いた とれたてのトマト、レタスの他に プロバンスのハーブ入りハムなどを買って庭でのんびり食事をしてから、このサマーハウスを基点にして 毎日違う所を見物してまわりました。


着いた翌日から 早速 ラベンダーヴェルト地帯で有名なソー村Sault に出かけました。村の手前の見晴らし台には ソー村の植物分布図があり、ほぼ大半が紫色のラベンダー畑でした。
b0126231_11305022.jpg

b0126231_11352918.jpg


b0126231_1139753.jpg


大体のプロバンスの村もこのような岩山にへばりついたように連なった赤瓦の家屋と頂上付近に教会かお城が見られます。ヨーロッパは戦いの連続でしたので、敵から身を守るために村が高台に立っている所が多いです。
b0126231_11333896.jpg

村には、小さなハーブ店、レストラン、お土産屋が並び、中心の広場には出店のマーケットで賑わっていました。
ラベンダーのお店の玄関、         
b0126231_11413152.jpg
 お店の中には、ラベンダーで作られた物が一杯陳列されています。
ラベンダ精油、ラベンダ水、マッサージオイル、香水
ポプリ、匂い袋サシェ、石鹸、タオル、ナプキン
b0126231_193238100.jpg

b0126231_19344230.jpg


 
b0126231_1936623.jpg

ラベンダー入りフランスパン
b0126231_1143289.jpg


ソー村のマーケットは夏シーズは 毎日開かれているようです。
ハーブ,スパイス売り、Herbes De Provence
b0126231_1144461.jpg

石鹸売り →オリーブ、ラベンダ、ロリエなどで作られた自然色の石鹸が特長です。b0126231_11461969.jpg

チーズ売り
b0126231_11474158.jpg

[PR]
by m-mitsue | 2008-08-30 11:54
<< プロバンスの旅 (ハーブ) ルクセンブルグの旅 >>


以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧