近況のご報告です
日本の秋 ハイビスカス
012年11月16日

今日はもう11月17日です。急に日本は最近、朝夕は冷え込んで参りましたので、御風邪を召しませぬように養生して下さい。ニュージランドの友人知人の皆さまには、子供様の学年末の試験が始まっている頃でしょうか? 親子ともども忙しくなりますね。私も11月末にはNZに戻りますので、また宜しくお願い致します。

私は、名古屋駅から地下鉄に乗ってトヨタ市に向かい45分位で日進駅に着きました。そこに愛知郡東郷町があります。私の友人が、そこの住宅街の1画でハイビスカスを作っていました。

b0126231_833985.jpg


ハイビスカスは、ハワイや沖縄などのモット暖かい地方で出来る植物なので、驚きました。ハイビスカスが花を咲かせています。あおい科フヨウ属に属しますのでフヨウの花にも似ていますね。




ハイビスカスの花は1日で枯れ花が落ちて果実を作るのですが、大きく萼が伸びて果実(種子)を包みます。

b0126231_872997.jpg


花や葉が落ちたハイビスカスの大群。

b0126231_881673.jpg


それを取って種子を除いた物を乾燥させます。それが、ハーブティーに使われるハイビスカスです。

b0126231_89559.jpg


ハイビスカスは、真っ赤な花ですので、抗酸化酵素を含むアントシアニン、クエン酸、ビタミンCを含むので、肝臓の疲れを取って成人病や風邪の予防になります。
友人のハイビスカスの畑の前に、このような看板が立ててありました。

b0126231_8101977.jpg


和名をローゼルと呼びます。 皆さまには、ローズティー、ローズヒップティーを飲んだことが有ると思いますが、バラ科のローズやローズヒップだけでは赤色と酸味は出ません。 このハイビスカルが一緒に調合されて、ローズティー、ローズヒップティーは赤色と酸味を出しています。だからハイビスカスの和名をローズに似たローゼルと付けたのでしょうか?

これからの季節には、ローズやローズヒップが手元に無くても、ハイビスカスに生姜の小片を入れて煮るだけで、赤色で酸味の他に生姜の良い香りがして体が温まり風邪予防に大変良いですよ!



日本は食欲の秋です。柿が豊富になっています。柿は、ビタミンAやビタミンC、カリウムが含まれていますので、体の疲れ、目の疲れをとり、風邪予防、高血圧改善なります。柿の渋み成分であるタンニンも含まれています、タンニンは二日酔いの原因となる「アセトアルデヒト」という有害物質を、無害にする働きがあります。柿の葉は、昔から高血圧に良い民間薬です。

b0126231_8135394.jpg


最近、日本では赤いキウイフルーツも、九州で開発されています。色、味、香りあるものが一杯の日本の秋です。色、味、香り成分が、抗酸化酵素ですから、心臓病、ガンなどの原因となる活性化酸素を取り除いてくれますので、秋の果物や野菜をいろいろ一杯召し上がって下さいね。

b0126231_8142942.jpg


さいごに、友人が住む三河地方小原村(現在は豊田市)の最近の紅葉の写真を御送りします。木を切って暖炉を使っての田舎暮らしをしている友人宅の前で、90歳を超えたご母堂と共に写しました。ご母堂は、今も畑をしています。家族の支援のもとで、良い空気と良い食物に恵まれた生活をなさっておられるのが長寿の秘訣ですね。

                       合掌  松村温江
[PR]
by m-mitsue | 2012-11-17 08:14
日本の秋 >>


以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧