近況のご報告です
ラトビアの旅 アールヌーボ建築 
2012年8月31日

今日から9月です。秋風と共に日本の子供さん達は、いよいよ2学期が始まります。地球の裏側のニュージランドのカンタベリ―日本人会からは、寒い冬を越し春の訪れの挨拶と共に運動会のお誘いのメールが届きました。
ここヨーロッパの子供達の夏休みは、7月始めから9月中頃までの2か月半です。大人達も大概1か月は休みをとって家族でバカンスに出かけます。バカンスは、日本人の私にとって何と贅沢に思いましたが、12年以上もルクセンブルグに住んでいる娘の話では、「北ヨーロッパは10月中頃から4月までの半年以上は暗くて寒い長い冬に閉ざされるので、精一杯夏の間バカンスに出かけて英気を養わないと、ノイローゼになる人が多いよ!」 「冬の間は、また来年のバカンスを計画しながら明るい気分にさせて、寒い冬を乗り切るようにしているのよ!」と言う事で、納得できました。そういう娘家族に連れられて、今年の夏休みにラトビア共和国に初めて私も出かけました。

b0126231_7501926.jpg


ダウガヴァ川から眺めたラトビアの首都リガの町の全景です。 高くそびえる教会の尖塔が沢山見えます。ラトビアは、バルト海に面しヨーロッパ北東部に位置する共和制国家で、リトアニア、エストニアとともにバルト三国の一つです。 第一次世界大戦後の1918年にロシアから独立、その後1940年に再びソビエト連邦に占領され、ラトビア・ソビエト社会主義共和国となり、1991年ソ連の崩壊後に独立した国です。私にとっては初めて旧ソビエト圏への旅でしたので、すべてに興味がありました。

b0126231_7511424.jpg


首都リガの飛行場からタクシーに乗って、休み期間に娘家族が借りたホテル兼アパートに着きました。アパートは町の中心にあって隣はレストラン、近くにはスーパマーケットもあり便利でした。アパートの共同入口は道路に面していて、タイル張りの床、高い天井とゆったりしていました。玄関口の奥にはいつも警備の人が居ましたので安全な所でした。

b0126231_7525637.jpg


階段の横に、昔の白黒映画に出てきそうな同じ旧式のエレベータがあったのには、さすがに旧ソビエト圏の古めかしさに驚きました。

b0126231_752365.jpg


建物全体も古いのですが、借りたアパートの部屋は、新しく改装されていて2DKのゆったりした間取りで、その上シャワー室と御風呂場も付いていました。御風呂場には洗濯機も完備されていましたので、旧ソビエト圏であっても産業は発展しているのを感じました。

b0126231_7543964.jpg

b0126231_7554419.jpg


町に出ると、主要道路の上には、電線がこのように一杯連なっていました。

b0126231_7563846.jpg


電線に沿って路面電車が何台も行ききしていました。
これは小エネルギー対策に良いのと、車の排気ガスが少なくなるので一石二鳥です。ソビエト時代、走っている電車の9割を、このラガの町で生産し重工業で栄えてていたのですが、独立後はその仕事を失ったせいで一時 町は活気を失い衰えたそうです。でも、2004年に北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EU)に加盟してからは、徐々に経済を復興させていますが、通貨は未だユーロでは無く、ラッツでした。


b0126231_7573488.jpg


最初にリガ旧市街の中心の市庁舎広場City Hall Square に行きました。
写真中央にそびえるバロック様式の尖塔は聖ペテロ教会で、右はブラックヘッドのギルトです。


b0126231_7583013.jpg



ブラックヘッドのギルトと言うのは、もう1段上級のグレートギルドへ参加する前の若き貿易商人後継者たちの集会所です。最初は1334年創設されたものですが、破壊されて現在の建物は1999年に建てなおされた新築のものです。入口にマドンナと聖マリティウスの像(右側の黒い顔の像)が飾られています。

b0126231_7592748.jpg


向かい側の市庁舎の傍の美術館では、モスクワ美術館から借りてきた花の絵画展が有りましたので見てきました。

b0126231_802792.jpg


その美術館には、日本の象牙の刀なども飾られていましたので、ラトビアで日本の古美術を見たのは不思議でした。リガの町の交易の広さを感じました。

b0126231_81573.jpg


近くのドーム広場にも行き、外壁を修理中のカセドラル教会の中にも入りました。修理中でしたが、私達が滞在していた期間の一晩だけこの教会の北欧で一番大きいパイプオルガンの演奏会が偶然にあったので切符を買って荘厳なバロック音楽を聞きました。

b0126231_74232100.jpg


ラトビアの人口の3割はロシア人ですので、ロシア正教会も建っていました。
私は仏教徒ですが中に入れて頂きました。カソリック教会とは、全く雰囲気が違います。キリストさま、マリアさまが明るい色彩で壁一杯にペイントされていました。個々に熱心に御参りする人が沢山居られましたので、写真は控えました。ピンク、白、空色が今も鮮やかに目に浮かびます。


このリガ旧市街にはアールヌーボー建築が至る所に多数現存しております。建築に興味がある娘家族は、個人のガイドさんをお願いして一緒に見て回りました。
アールヌーボーとは19世紀のフランスから発した建築様式で「新芸術」という意味です。18世紀の主流であったバロック、ロココ様式や、ネオクラシックといった既成のデザインから離れて、植物などの自然や人間を抽象化した曲線美がその特色です。

b0126231_834453.jpg


ラトビアの国のアールヌーボー建築には、3つのタイプがあるそうです。
ひとつは、丸いアーチ型を多用して、人などの華美な装飾が一杯飾られているものです。


b0126231_844718.jpg


二つ目は、直線型の装飾が為されているものです。

b0126231_854213.jpg


3つ目は、ナショナルアールヌーボーと呼ばれ、太陽やこの国の花デージがデザインされているシンプルなものです。b0126231_8755.jpg

b0126231_881015.jpg



その他に猫の家も見てきました。2匹の猫が屋根の上に彫られていました。これは、ドイツ商人が支配していたギルドにラトヴィア商人が加入を拒否される時代に猫の尻をギルドに向けて載せたという抵抗シンボルだそうです。

b0126231_885675.jpg

b0126231_892189.jpg



川沿いに建っている塔は、昔はラトビアを統括していた騎士団の御城でしたが、今は大統領府になっています。

b0126231_8112537.jpg


町には、この他に木材でできた日本的は家屋もありました。世界遺産に指定されている
アールヌーボー建築もあれば、荒廃した建物もあるラガでした。

b0126231_8122982.jpg



食物は、ハーブを使った優しいくて美味しい料理でしたので、次回は食物とハーブ編です。

皆さま御身体ご自愛ください。

[PR]
by m-mitsue | 2012-09-01 08:17
<< ラトビアの旅 豊富な食物  ルクセンブルグの夏休み >>


以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧