近況のご報告です
ヨーロッパの 晩春
2012年5月30日

今年のヨーロッパの春は、日本同様に天候不順でした。
ここルクセンブルグも5月中頃まで冷たい雨ばかりで、野菜の畑も今年は育ちが悪く、ちょっと諦めの私です。でも、漸く暖かい晴がやってきて、緑も爽やかです。 日本は、竜巻、雷と大変ですが、皆様 お元気ですか?b0126231_4452962.jpg


ルクセンブルグは、ヨーロッパの森と呼ばれる位、森林に囲まれている国です。世界遺産に指定されているルクセンブルグ市内は、森の中に有る天然の城塞です。この頑丈な城塞が欲しくてオーストラリア、フランス、ドイツに侵略されました。フランスのナポレオンに侵略された時は、ルクセンブルグはフランスの森林県という呼び名でした。

b0126231_446418.jpg



森の中には、今は散歩道が整備されていて、所々に立ち止まってエキササイズを促す看板がかかった所もあります。

b0126231_4485357.jpg


運動の道具も用意されています。

b0126231_4492891.jpg



木を切った根っこでも遊びのコーナに変身しています。

b0126231_4522287.jpg



森の中には子供達のために家や車も作られています。

b0126231_4531162.jpg


この暖かい天気に、学校の子供達は、一斉に野外に出かけます。

b0126231_4545945.jpg


年長組はグラウンドでゲームを楽しんでいます。

b0126231_4554216.jpg



私がビックリしたのは、ゲームが終わると生徒達は先生に先導されて自転車で学校に帰るようです。日本では考えられないことです。b0126231_4562790.jpg



と言うのは、自転車道が車を通らない田舎道に整備されていて安全だからです。

b0126231_4571840.jpg


自転車道のマークです。

b0126231_4581393.jpg
b0126231_4585347.jpg


この国の車は右を走りますので、私は運転が出来ない代わりに、移動は自転車とバスを利用しています。


b0126231_4594792.jpg



子供達の教育も充実しています。小さい頃から3カ国の言葉を勉強しますので、小学校の授業が始まるのは、朝8時からです。この国の面積は、神奈川県と同じ位ですが、人口はたったの51万人ですから子供を大事にしているように思えます。  子は国の宝ですからね。


  次回のブログ更新は 6月下旬になりますが、皆様 お身体ご自愛ください。

                                            松村温江




          
[PR]
by m-mitsue | 2012-05-30 05:07
<< 束の間の日本滞在に思う ルクセンブルグの宗教行事オクターブ >>


以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧