近況のご報告です
愛知県三河地方
2011年11月30日


私の第2の故郷 愛知県には必ず帰ります。主人が亡くなって23年がたちますが、亡夫は生前トヨタ自動車に勤務していました。主人亡き後、残された家族が路頭に迷わないように、会社は私を嘱託として雇って下さってAPクリエイト部に配属になりました。4年後に自主退職して今の自然療法の道に進みましたが、今でも昔の職場トヨタ自動車の同僚が私の帰国に合わせて集まって下さいます。

b0126231_5584378.jpg


部長さんはその後、子会社の社長に、課長は子会社の専務になられましたが、皆が集まれば、肩がきなどは関係なく愉快に楽しみます。係長さんと女性群の数人は、今も現役で働いる頼もしい仲間です。
 
トヨタ自動車の本社は豊田市にあります。昔は豊田市と呼ばないで挙母町と呼ばれ、挙母町から奥に入った山間地には、足助村や小原村、松平町が点在していてそこを含む愛知県東部一帯を三河地方と呼びました。でも現代に入ってトヨタ自動車の発展と共に町の名前まで挙母町から豊田市に改名されたのを、皆様はご存知ですか?そして、近隣の足助村や小原村、松平町まで豊田市に今では合併されましたが文化や遺跡はしっかり残っています。

b0126231_5594324.jpg

90才を超えられても、今なお畑にでられ、パステル画を描いているご母堂を囲んでの世戸口御一家です。



小原村には、私の友人である世戸口御一家が住んでおられますので
今年の文化祭の小原歌舞伎に招いて頂きました

題名を忘れてしまい申し訳ないですが、写真で子供達に受け継がれている様子を見て下さいね

b0126231_642871.jpg小学生の部
演技にあどけなさがあって家族の応援の声がほほえましかったです。


b0126231_664895.jpg中学生の部
さすがに年期が入っていて演ずる声も動作も勇ましかったです。


b0126231_691610.jpg大人の部
孫と祖母が共演しておられ、家族の歴史と絆を感じさせました。
伝統を残してきた由縁ですね。



松平町は、名前の通り、葵の紋章で有名な 松平家/徳川家 発祥の地です。
世戸口さんの赤池体操教室のメンバー達と、高台にある松平家の菩提寺である高月院に参拝しました。

b0126231_6112693.jpg

b0126231_6124845.jpg


おみどの中は、徳川家の菩提寺であったのでやはり立派でした。
御本尊の阿弥陀様もいぶし金に輝いておられ、民衆に向かって微笑んでおられました。

b0126231_614921.jpg
b0126231_6192881.jpg



そこから下って数分の所に柱が数本立っていて奥に紅葉の中に銅像がたっていました。

b0126231_621163.jpg


その方は、徳川家康の先祖である松平1代目当主 松平親氏 でした。
筋骨逞しい身体を持ち、顔は知性あふれ暖でいらしゃいました。
家康は松平9代目にあたり、25歳の時に松平家から徳川家に改姓したそうです。

b0126231_6215714.jpg


初代松平親氏の公願文には、神仏に帰依し仁と徳をもって民を納め豊かな国作りを祈願したと書いてありました。この先祖の魂が、1代目から9代目家康に続いて江戸幕府300年の天下太平の道に導いたのでしょうか? 家の歴史の存在を感じました。

b0126231_625769.jpg


トヨタ自動車も、こんな山間部の田舎から起こって、今では世界中に名をはせた会社に辛抱強く発展したのは、この我慢強く石橋を叩いて渡るような慎重さを持った三河武士の魂の影響かもしれませんね。

b0126231_6272032.jpg


日光の東照宮ではなく、初代が祭ってある東照宮がこの松平にありました。
ここを松平東照宮と呼ばれて、その境内には“初湯の井戸”があって、岡崎城で生まれた家康の初湯のために、ここから早馬で水を届けたそうです。

b0126231_6281324.jpg


歩き疲れた最後は、六所園で美味しい食事を皆なで頂きました。

b0126231_6291880.jpg


山間部でとれる鮎はお腹に卵が一杯入った元気な子持ち鮎でした。マツタケご飯も頂きご馳走様でした。!

b0126231_6301123.jpg


赤池体操教室は世戸口さんが教え続けて30年以上たちますので、生徒さんは
70歳以上の人が多いです。私が、中国医学を勉強しに中国留学からは帰った後、最初に太極拳と気功をこの教室でお披露目してからの長いお付き合いです。私も60歳を超え、この度のクライストチャーチ地震からも救われてお会いできた再会の喜びを伝え、食事の終わった後は、寝ながらの長生き呼吸法を皆様にお伝えして、お互いに年を重ねても、元気でいられるように運動を続けようと誓い合いました。この陰には、世戸口さんの長きに続く慈愛あふれる御指導の賜物と感謝しています。
ありがとう!

b0126231_6312226.jpg



愛知で過ごした最終は、トヨタ自動車の前進である豊田左吉が起こしたトヨタ織機と日本電装株式会社のある刈谷に出かけました。 目指すは、刈谷産業振興センターです。
モダンンな建物に刈谷市の発展を感じました。

b0126231_637994.jpg


そこの和室を借りて、元、私が勤めていた明昭漢方薬局の患者さまで作った気功教室の元メンバー達とほのぼの会の自然療法の勉強会をしました。明昭漢方薬局は、故広瀬滋之医師が開いた自然療法を推進する広瀬クリニックからの処方箋が沢山くる薬局でしたが、この薬局の社長も亡くなって今では閉鎖されました。
諸行無常を感じます。

b0126231_6401348.jpg


でも、残った私達気功のメンバー刈谷ほのぼの会は年ごとに親交を深めています。私が育てたハーブで作ったブレンドティや、そのハーブから作った乳液の臭いをかいて 暮らしの自然療法を楽しみました。

b0126231_6413097.jpg 



その夜は、近くに国の長寿研究所のある愛知健康の森公園施設で泊まりました。

b0126231_6422916.jpg


温泉もあって、翌朝は広い公園を散歩して景色を楽しみました。 県の施設ですので、宿泊費も安いので、皆様もご利用して下さいね。紹介下さったのは刈谷ほのぼの会のお世話役の御一人である早川さんです。ありがとうございます。
病気がちだった彼女が、今ではアロマセラピー、整膚の資格をとって名古屋の病院へ定期的に患者さまに整膚の手当てをしに行かれています。

b0126231_64441.jpg


今回の日本滞在で、私が再会した関東、関西、愛知の仲間たちは、“自分の健康は自分で守る” と言う姿勢が根付いてきたように感じました。私も、皆様と共に毎日を真摯に歩んでゆきたいと思いますので、今後ともよろしく御支援ご鞭撻下さいね。 皆様ありがとうございました。   
            感謝     
                        松村温江  

      私のメールは今までと同じ m.mitsue@hotmail.co.jp
[PR]
by m-mitsue | 2011-11-30 06:46
<< 再び クライストチャーチ へ 日本滞在記 関西編 >>


以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧